モバイルスイカの収穫法

| コメント(0) | トラックバック(1)

 年に5,6回しか東京に行かないのに、なぜかスイカ持っています。小銭を用意して毎回切符を買うのが面倒なんです。FujiSankei Business iにおサイフケータイで使用可能なモバイルスイカが1月の28日からサービス開始という記事が出ていました。

サービスを利用するには、対応携帯電話と、JR東日本のクレジットカード「ビューカード」の会員登録が必要です。
利用開始までの手続きは比較的簡単で、会費は当面、無料とのこと。
「スイカ」と同じく、乗車券や定期券の購入だけでなく、電子マネーとしてファミレスの「ジョナサン」などを含む3400カ所で利用できることを考えれば、対応携帯を持っている人は利用しても損はないと思います。

 という事で新し物好き(熊本では「ワサモン」と言います)の私としてはさっそく、申し込む事にしました。まずは、JR東日本のHPで申し込みの手続きを調べてみました。

対応機種
 NTTドコモ
   P901iTV、F902i、N902i、P902i、SH902i
   SO902i、N901iS、P901iS、SH901iS、F702iD
 KDDI(au)
   W41CA、W41H、W41S、W32H、W32S
   (注:W32Sは、新バージョンへの対応が必要となります。)
 
 とりあえず、SH901iSを使っていますのでクリアしています。

モバイルスイカ会員になるには
 1. モバイルスイカ対応の携帯電話を用意
 2. 本人名義のビューカードに入会
 3. 携帯でモバイルスイカメニューへアクセス
 4. アプリをダウンロード
 5. 会員登録

 おサイフケータイみたいに各社のクレジットカードには対応していないみたいです。ちょっとがっかりです。ビュースイカカードの年会費500円は使用頻度を考えるとちょっと無駄のようにも思います。HPを良く読んでみるとJR東日本のクレジットカードでなくてもviewマークのついた提携カードでも良いようです。提携カードにはいくつか年会費無料のものもあるのですが、新銀行東京に口座を開いてICカードを取得すれば年会費は無料です。さっそく口座開設の資料請求をしてみましたが、書類の到着を待っている状態です。

 モバイルスイカ収穫までの道のりはまだまだ遠いようです。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://e-ha.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/217

VISAジャパン協会(栗山道義会長)は、三井住友カード(栗山道義社長)が05年12月に開始した決済機能付き携帯電話「おサイフケータイ」のクレジット決済サー... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、院長が2006年2月14日 18:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジェネリック薬品は安全?」です。

次のブログ記事は「HIVの女性逮捕:100人以上の男性に感染の可能性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。